大豆イソフラボンの効果効能について解説

大豆といえば私たちにとって非常に身近な食品だと思います。

そんな大豆の中でも主に大豆の大豆の胚芽に含まれるフラボノイド(=植物に含まれるポリフェノール成分の大分類の1つ)である大豆イソフラボンの効果効能について解説していきます。

1:美肌効果

大豆イソフラボンの化学構造は女性ホルモンであるエストロゲンに似ており、美肌効果が期待出来ます。

このエストロゲンとは別名「美のホルモン」と呼ばれており、肌のハリや弾力に大きく関係しているコラーゲンを生成する源をいいます。

2:抗酸化効果

大豆イソフラボンの1つであるゲニステインは高い抗酸化作用が期待出来ます。

ゲニステインは体内に発生した活性酵素を中和して過酸化脂質の発生を抑制してくれます。

3:生活習慣病改善効果

大豆イソフラボンを摂る事により体内にコレステロール値を下げる効果が期待出来ます。

またコレステロールの酸化を抑制する事によって動脈硬化の予防にもつながります。

4:がん予防効果

大豆イソフラボンを摂る事により乳がんの予防効果が期待出来ます。

この事はアジア諸国は欧米よりも大豆の消費が多く、女性の乳がん率の発症率が低いという調査により明らかになりました。

乳がん予防効果については過剰分泌されたエストロゲンが一因であり、大豆イソフラボンがエストロゲンの働きを抑える事により発生率を抑えるといわれています。

他にも前立腺がんにも予防効果があるといわれており、女性だけでなくて男性も積極的に大豆イソフラボンを摂る事がすすめられます。

5:骨粗しょう病の予防効果

骨粗しょう病は牛乳などによりカルシウムを摂取してもエストロゲンの分泌が不足するとカルシウムを維持出来ずに溶けていってしまいます。

女性は閉経後に女性ホルモン・エストロゲンの分泌が急激に減る事によりカルシウムを溶け出すのを抑えるのが困難になります。

実際に閉経後の女性に対して行なった調査では骨密度が高いとされる女性は普段の食事から大豆イソフラボンの摂取量が多いという事がわかっています。

なので普段の食事から大豆イソフラボンを摂れるようにするといいですね。

6:糖尿病改善効果

大豆イソフラボンは糖尿病のⅡ型に対して効果が期待出来ます。

糖尿病は血糖を下げるインスリンという成分が不足する事により症状が現れます。

現段階ではまだ研究段階ですが、Ⅱ型糖尿病の女性にイソフラボンを含む製薬投与を行ったところ、空腹血糖値、LDLコレステロール値などが改善したといわれています。

当サイトのおすすめ商品は?

めっちゃ贅沢フルーツ青汁は4種の青汁原料と贅沢サポート成分などの効果により飲むだけでダイエット効果が期待出来て、97.2%の方からご満足の声が届いています。

楽天ランキングでは日本だけでなくフランス・アメリカでも1位を獲得しており、信頼の高いものといえます。

美味しくダイエットが出来るという事でぺこちゃんのように-10kgダイエットを目指している女性達の間で人気急上昇中です。

今なら初月680円から購入出来ますのでおすすめです。

→最安値の公式サイトはこちらから。

スポンサーリンク

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

めっちゃぜいたくフルーツ青汁

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

めっちゃぜいたくフルーツ青汁